技術者になるための大学|医学部の合格を志すのなら特化した塾に通うべし
婦人

医学部の合格を志すのなら特化した塾に通うべし

技術者になるための大学

男性

学ぶ環境

大学進学の進路の1つに、湘南工科大学を挙げる学生は増えています。というのも、学部は工学部のみに絞られ、機械・電気電子・情報工学に対し、応用系としてコンピュータ・総合デザイン・人間環境学科が設けられています。自由科目制度によって縛りのない履修で、学びの幅が広げられる点で人気です。また、湘南工科大学が他と比べ、教育方針の違いが評価され、少人数制による実習や演習などの体験型授業が確実な能力アップに繋がると話題です。有数のIT環境をはじめ、教育と同時に研究までが学生に求められるため、施設の充実さも評価されています。加工技術を学ぶことや工学・科学的な思考やセンスを磨くことができるのも、実際に体験できるカリキュラムが4割近く展開されているためです。育成できる環境が整えられている点でも人気です。

マイナスをプラスに置く

専門的な大学の数に対し、優良大学として学生に評価されているのが湘南工科大学で、その特徴・特色には違いがあります。工科系で研究を目的とする大学は多いものの、湘南工科大学を例に挙げた場合、社会で貢献できる技術者の育成が目的とされています。少人数制で、教員が目配りできるCC制度が展開されます。社会で活かすためには柔軟性が必要で、活きる知識を確実に身に付けられる体験のみならず、コミュニケーション力やプレゼン力までを養えます。工科大学の中には期末試験で単位評価するケースが挙げられています。注意したいのは受講態度や講義中の演習、レポートや小テスト、試験など総合評価による内容です。そのため、留年となるケースもゼロではない点に注意が必要です。しかし、マイナス評価ではなく、育成期間と認識することがポイントです。計画性や実現力や向上心などが、バランスよく身に付く教育法であることに注意が必要です。