医学系の国立大に合格する|医学部の合格を志すのなら特化した塾に通うべし
婦人

医学部の合格を志すのなら特化した塾に通うべし

医学系の国立大に合格する

医者

医学系専門の学習塾を選ぶ

医学は国民の健康な暮らしを守るために必要な学問です。その考え方によりほぼ、各県に1つは国立大学に医学部があります。私立大学に比べて学費が安いのが魅力で、医師になる志を持っている若者は国立大学の医学部を目指します。学費が年間で50万円程度なので、平均年収以下の家庭でも医学部で学ぶことができます。そのため競争率は非常に高く、センター試験でも9割以上の点数を取らないと合格できないのです。合格するためには予備校の選び方が大事になります。合格するには医学部専門予備校を選びます。一般の予備校よりも学費が高くなりますが、私立へ行くことを考えれば遙かに安いです。医学部専門予備校のメリットは合格のための情報やノウハウの蓄積があることです。

国立への合格者が多い塾

医学部専門予備校は医学系を目指す生徒たちだけを集めているので、比較的小規模な運営体制になっています。そのため少人数クラスで勉強ができます。また生徒全員が同じ目的を持っているので、お互いに切磋琢磨できるというモチベーションを維持することができます。ただし規模が小さいので講師の数が限定される傾向があります。医学部専門予備校を選ぶ場合は、国立大学の医学部にどのくらいの生徒が合格しているかを調べる必要があるのです。そのような予備校には国立大学に合格させる力のある講師がいるはずです。実際に国立大学の医学部に合格した学生の体験談を聞くことはとても大事です。そのような講演会を開いている予備校は選ぶ時の1つの目安になります。